株式会社AMBITIONグループ企業倫理憲章

【株式会社AMBITIONグループ企業倫理憲章】

 AMBITIONグループの構成員であるわれわれは、次に掲げる倫理規範を共有し、その企業活動のあらゆる局面において、常に高い倫理観と社会的良識をもって行動し、  社会から信頼される企業グループとして、その持続的発展を期す。

  1. 1.自覚・責任
    1.  企業活動の基盤は社会からの信頼にあるとの基本認識のもと、企業の社会的責任を自覚の上、それぞれの事業活動を通じ、豊かで快適な社会の実現に貢献する。
  2. 2.公正・公平・誠実
    1.  すべての人間の尊厳と権利を尊重し、人種、性別、宗教など、事由の如何を問わず、不当な差別を一切行わない。
    2.  さらに、お客さまその他の取引先、株主、協力会社、行政機関、地域社会など、AMBITIONグループの事業に関わるさまざまな外部の方々に対して、 またグループ内の構成員相互間においても、常に公正で公平かつ誠実な態度をもって臨む。
  3. 3.遵法精神
    1.  すべての法を守るという遵法精神は、社会の一員としての基本であり、「違法行為は絶対に行わない」という当然の社会ルール(法規範)は、 いついかなるときにおいても厳守されなければならない。
    2.  さらに、AMBITIONグループにおいては、「違法性につながるリスク」を回避するため、次の規準に従って行動する。
    3. (1)違法性についての感性を常に磨く。
    4. (2)違法性の疑いのある行為を行わない。
    5. (3)楽観的態度で違法性リスクについての判断をしない。
    6. (4)万一、法に触れる行為があったとしても、これを隠蔽あるいは正当化しない。
    7. (5)違法性のリスクを回避することは、常に利益の追求に優先する。
  4. 4.節度
    1.  社内、グループ会社間においても、また取引先や協力会社などとの関係においても、不適切な社交は避け、 その時々の社会通念に照らして、誤解を招くことのないよう、常に節度をもった関係を保たなければならない。
    2.  とりわけ、「公私のけじめ」を厳格にし、取引先などとの関係を含め、会社における職務や地位を利用して、私的な利益を追求しない。
  5. 5.透明性・開放性
    1.  企業活動における説明責任の重要性を認識し、企業活動の透明性を保つとともに、 積極的に情報を開示し、外に対しても、内に対しても、常に「開かれた」姿勢を堅持する。

AMBITIONグループ・コンプライアンス行動規範

AMBITIONグループ企業倫理憲章を踏まえ、コンプライアンス(法令及び企業倫理の遵守)の観点から、 AMBITIONグループの構成員がその職務遂行の過程で守るべき規範として、 ここにAMBITIONグループ・コンプライアンス行動規範を定める。

  1. 第1章:自覚・責任
  2. 第2章:公正・公平・誠実
  3. 第3章:遵法精神
  4. 第4章:節度
  5. 第5章:透明性・開放性

    第1章:自覚・責任

    (社会的責任の自覚)
  6. 1-1. 企業の社会的責任を自覚し、不動産賃貸分野をはじめ、さまざまなノウハウを基盤に、 社会にとって有用な製品・サービスを提供することを通じ、豊かで快適な社会の実現に貢献し、もって、社会から信頼される存在となる。

  7. (環境に対する配慮)
  8. 1-2. 地球環境の保護に積極的に取り組むものとし、省資源・省エネルギーの推進、廃棄物の削減・再利用・再資源化の推進、環境保全など、 事業活動のすべての過程において、環境負荷の低減に努める。〈/li〉
    (安全に対する配慮)
  9. 1-3. 安全の確保は企業の社会的責務であることを自覚し、事業活動のすべての過程において、常に安全を最優先に考え行動する。


  10. 第2章:公正・公平・誠実

    (個人の尊厳と権利の尊重)
  11. 2-1. 個人の人権と人格を尊重し、会社の内外において、人種、民族、出身、宗教、信条、性別、障がい、疾病、社会的身分などを理由とした差別や、 セクシュアル・ハラスメントをはじめ相手に不快感を与える言動など、個人の尊厳を傷つける行為は一切行わない。
     さらに、国際的に認められた規範に従い、あらゆる形態の強制労働を排除し、児童労働を実効的に廃止することを支持し実践する。

  12. (働きがいのある職場づくり)
  13. 2-2. グループ構成員の多様な個性・価値観を尊重し、個々人の能力を活かせる自由闊達な職場の形成、公正な人事処遇を通じ、 構成員相互の信頼感を育み、働きがいのある職場づくりに取り組む。

  14. (お客さまへの誠実な対応)
  15. 2-3. 入居者や不動産オーナーなどお客さまの声に常に耳を傾け、お客さまの立場にたって考え、誠実に対応し、質の高いサービスの提供に努める。

  16. (取引先との適切な関係)
  17. 2-4. すべての取引先は事業遂行のパートナーであるとの基本認識にたち、公平かつ公正な取引を通じ、お互いの信頼関係を育む。

  18. (政治・行政との健全な関係)
  19. 2-5. 政治家や公務員に対して、違法な政治献金・利益供与、贈賄などを行わず、政治や行政との間に常に健全で透明な関係を維持する。

  20. (反社会的勢力との関係断絶)
  21. 2-6. 社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅然として対応し、違法行為や反社会的行為には一切関わらず、 名目の如何を問わず、反社会的勢力に対し、経済的利益を含む一切の利益を供与しない。


  22. 第3章:遵法精神

    (法令等の遵守)
  23. 3-1. 常に高い倫理観と社会的良識をもって職務の遂行にあたり、事業活動に関わる国内外のすべての関係法令、 社会的に認知された基準・ルール、お客さま・取引先・地域社会などと取り交わした契約や約束、会社の規則・マニュアル類を遵守する。

  24. (1) 関係業法を遵守し、許認可、届出、報告その他関係法令に基づき必要とされる手続きを、遺漏なく適正に行う。
  25. (2) 独占禁止法その他の関係法令を遵守し、カルテルや談合、優越的地位の濫用などの違反行為を行わず、市場において、公正で自由な競争を行う。
  26. (3) 不正競争防止法その他の関係法令を遵守し、他人の営業秘密の不正取得など、不正な手段を用いて自らの営業上の利益を図り、又は他人の営業上の利益を害する行為は行わない。
  27. (4)下請法その他の関係法令を遵守し、支払い遅延その他下請け事業者の不利益となる行為は行わない。
  28. (5)会計処理や税に関する法令に加え、一般に公正妥当と認められる基準に従い、適正な経理処理を行い財務報告の信頼性を確保するとともに、適正な納税を行う。
  29. (6)労働基準法その他の関係法令を遵守し、職場における安全と健康の確保を含め、働きやすい職場環境の維持に努める。
  30. (7)業務上知り得た未公開の情報を利用しての株式、社債の売買など、金融商品取引法その他の関係法令で禁止されている不正な取引を行わない。
  31. (8)会社の取引や活動を、契約の締結を含め正しく記録し、関係法令及び関係社内規程に従い、適正に管理・保存する。
  32. (9)セクシャルハラスメント、パワーハラスメント等に抵触する行為を行わない。
  33. (10)宅地建物取引業法等に抵触する行為を行わない。

  34. (知的財産の保護)
  35. 3-2. 革新的なサービスの開発とその権利化・事業化に努めるとともに、その過程において、第三者が権利を有する特許、実用新案、意匠、商標、著作権などの知的財産権を侵害しない。

  36. (個人情報の保護)
  37. 3-3. 業務上知り得た社員や取引先などの第三者の個人情報については、これを厳重に管理し、本人の事前の同意を得た場合を除き、 第三者や業務上知る必要のない社内の人間に開示・漏洩せず、かつ、本来の目的以外に利用しない。

  38. (秘密情報の保護)
  39. 3-4. 業務上知り得た会社又は第三者の営業秘密、技術ノウハウその他の秘密情報については、これを厳重に管理し、 正当な権限をもつ者の許可なく、第三者や業務上知る必要のない社内の人間に開示・漏洩せず、かつ、本来の目的以外に使用しない。

    第4章:節度

    (節度ある行動)
  40. 4-1. 取引先や協力会社などとの関係において、社交上の慣習を超え又は社会通念上過剰と考えられる接待や贈答などの便宜を相手に提供し、 又は相手から受けるなど、誤解を招く行為は行わない。


  41. (会社財産の適切な使用)
  42. 4-2. 会社の資産・経費は、有形無形を問わず、会社の事業目的を達成するために適切に使用されなくてはならず、私的な目的で会社の資産や経費を使用しない。

  43. (情報システムの適切な使用)
  44. 4-3. 社内ネットワーク、オペレーションソフトなどの情報システムは、関係社内規程に従い、会社が認める業務にのみ使用するとともに、 情報システムへの不正侵入、データの損壊・改ざん・改変、コンピュータ・ソフトの無断使用などの不正行為は行わない。

  45. (利益相反行為の禁止)
  46. 4-4. 職務上の地位・権限を利用して、又は職務上知り得た情報をもとに、自ら又は第三者を不正に利する行為を行ってはならず、 会社の許可なしに、会社の事業活動と競合するおそれのある活動に関わらない。

  47. (職場での政治・宗教活動の禁止)
  48. 4-5. 会社の許可なしに、職場において、政治・宗教団体などへの勧誘、選挙投票依頼その他の政治・宗教活動は行わない。

  49. (虚礼廃止)
  50. 4-6. 社内及びグループ会社間での個人に対する贈答その他のやり取りは、社会通念上認められるものを除き、虚礼廃止の観点から行わない。


  51. 第5章:透明性・開放性

    (地域社会との共生)
  52. 5-1. 事業活動に関わる国々・地域の文化や慣習に対する理解を深め、その社会規範を尊重するとともに、良き企業市民として、社会貢献活動への参加などを通じ、地域社会との共生をはかる。

  53. (適切な情報開示)
  54. 5-2. 社会に対し開かれた企業グループとして、企業活動の透明性を保ち、適切な情報開示を行い、企業活動に対する社会の理解促進に努める。 さらに、関係法令に従い、株主、投資家などに対して、会社の財務内容や事業活動状況などの経営情報を、正確かつ適切に開示する。

  55. (開かれた職場)
  56. 5-3. 何事もオープンに話し合える職場環境を維持し、会社において、法令若しくはこの行動規範に違反する行為が行われていること又はそのおそれがあることを知った場合には、 これを隠匿、放置せず、問題解決のために、職制を通じ又はホットラインなどの制度に従って、会社に報告する。


不動産投資セミナー

不動産投資セミナー開催

物件を貸したいオーナー様へ

物件を貸したいオーナー様へ

アンビションの民泊物件

AMBITIONの民泊物件

会社概要

株式会社AMBITION

国土交通大臣(2)第8023号

東京都渋谷区神宮前2丁目34‐17
住友不動産原宿ビル18F
『原宿』駅 徒歩8分

TEL : 03-6439-8901
FAX : 03-6439-8902
営業時間 : 10:30~18:00
定休日 : 年末年始/月末・月初除く水曜日

35.673949 139.707778

AMBITION(アンビション)取扱物件内容
地域:東京全域
種別:マンション
ジャンル:
新築、ペット可、デザイナーズマンション、敷金なし(0円)、礼金なし(0円)など。
店舗所在地:渋谷・池袋・上野・新宿・中目黒・高田馬場・早稲田・相模大野・秋葉原・銀座・本八幡・横浜・日吉・上大岡・二俣川
シリーズ物件:
セジョリシリーズ/アルテシモシリーズ/アクアシリーズ/ル・リオンシリーズ/ヴィーダシリーズ/フィースシリーズを取扱っております。
商品ラインナップ:
オールゼロプラン/スーパーゼロ

関連サイト

  • かいとり王

    かいとり王

  • ルームピア

    ルームピア

  • AMBITION CLUB

    AMBITION CLUB

  • コーポレートサイトはこちら

    コーポレートサイトはこちら

  • アンビションベトナム

    アンビションベトナム

  • 民泊投資ジャーナル

    民泊投資ジャーナル

  • 2018年新卒採用サイトはこちら

    2018年新卒採用サイトはこちら

  • セキュリティーサービス遮断くん

    セキュリティーサービス遮断くん

プライバシーマークに関して

ページトップへ