AMBITION GROUP RECRUIT

ENTRY

MEMBER
INTERVIEW

賃貸仲介事業部 次長

岩崎吉修 秋葉原店(店長)

―まずは自己紹介をお願い致します。

 

岩崎 賃貸仲介事業部、秋葉原店店長の岩崎です。

 

―入社されて何年目ですか。

 

岩崎 入社して7年目ですね。

 

―今、秋葉原店の店長を務められておりますが、一日の仕事の流れを教えて下さい。

 

岩崎 朝出社して、大きな挨拶から始まり、社員の士気を上げます。だいたいの業務はお客様を呼んで、ご来店頂き接客をして誓約して頂きます。それがメインです。あとは契約までのオーダー管理、集客のためのネット入力、一月の予定の確認、ロープレや研修といった部下のマネジメントですね。

 

―ありがとうございます。それではなぜAMBITIONに入社しようとしたところを教えて下さい。

 

岩崎 入社したきっかけですよね。面接を主に新入社員は受けると思うのですが、何社か回った中で、一番活気を感じたと言いますか、勢いを感じたのが、AMBITIONでした。普通の会社の2倍以上の気合いを感じました。そこに惹かれました。

 

―では、その活気の良さが店長自身に響くものがあったのですね。

 

岩崎 社員のみんながいきいきとしていました。ここで活躍したら格好いいだろうなと。

―それでは他に就職活動で回られたのは不動産業界でしょうか。それとも業種関係無くいろんな会社の面接を受けられたのですか。

 

岩崎 もともと営業系を志望しておりました。それこそ売買系も行きましたし、コンサル系も行きましたし、あとは販売とか家電屋さんですね。何かしら営業職がやりたかったですね。

 

―では営業職が念頭にあった中で、色々面接を受けられて、AMBITIONに巡り会ったきっかけというのはたまたまだったのでしょうか。

岩崎 本当たまたまでした、きっかけは。不動産会社がだいたい回った中の半分は占めていましたが、その中で一番いいなと思いました。

 

―では面接で活気の良さを感じられたとのことですが、その前段階で会社説明会もあったと思うのですが印象に残ったことはありますか。

岩崎 そこが第一ステップですよね。会社説明会の時の皆さんの元気の良さに惚れ込んでしまいました。

 

―当時の説明会はどういう内容でしたか。

岩崎 出来て浅い会社というのも知っていましたし、ただそこから頂点を目指すというのは今も社長は仰ってますが、当時もそういう話をされていましたので、格好いいなと思いました。今は規模の小さい会社でも、これからどんどん大きくなる、確実になるというのを肌で感じて入りたいと思いましたね。

―それではAMBITIONに内定が入社されましたが、新卒の頃のエピソードをお聞かせ下さい。

岩崎 社会人1年目は、それ以前の学生時代は部活をずっとやってきたので、社会人の人と話す機会も一切ありませんでした。最初のお客様を対応する話し方や接し方が凄く難しかったですね。接客業に入ったものの上手く話せず苦しみました。最初の半年間は全然数字が上がりませんでした。成約率も低かったですね。

 

―最初の頃はご苦労されることが多かったと。

岩崎 周りの新卒が活躍する中、自分は凄く置いてけぼりになってしまいました。

 

―でもその年は岩崎店長が新人王を取られていたので、そういう過去があったのは凄く意外でした。

岩崎 後半から巻き返しましたね。転機は二つありました。当時、売上トップだった方(現在の営業部長)が渋谷店の責任者時代に新卒で入社して、一番厳しい環境で育てられました。そこで徐々に自信が出てきたときにいきなり数字が爆発したこと。あとは秋葉原店が、私が入社して1年足らずでオープンしたのですが、立ち上げメンバーとして営業部長と一緒に来たのですが、当時は人数も少なかったので個人に振り分けられる目標数字が多くて、接客機会もかなり増えて、そこで数字が上がっていきました。

 

―環境の変化が転機でもあったんですね。

岩崎 当時の営業部長はかなり厳しかったので、秋葉原店の立ち上げメンバーに誰か行きたい人はいるかとなったときに誰も行こうとしなくて、その中で唯一、私が自ら志願しました。そこで転機が来たのでしょうね。

 

-その時の立ち上げメンバーは何名だったのですか。

岩崎 当時は私と営業部長と、立ち上げに伴い新規採用した未経験のメンバー二人でした。

 

-では、ほぼほぼ営業部長とご一緒の二人でやられていたような感じだったのですね。

岩崎 そうですね。先程も申し上げましたが、そういう状況で、お客様との接客機会も必然的に増えましたので、コツを掴んでいったという具合です。

-それでは今まで7年やられてきた中で、一番楽しかったことや嬉しかったことについてお聞かせ下さい。

岩崎 どれが一番嬉しかったか挙げるのは難しいのですが、店舗で予算達成したときは、みんなでご飯に行くんですよ。それが凄く個人的には嬉しかったりしますね。店舗の予算達成というのは気にしなければいけないところですし、達成したときはみんなと一緒にご飯に行けるのが面白いですね。あとはもう個人ですよね。個人でMVPを取らせていただいて。

 

-MVPはこれまで…。

岩崎 4回ですね。

 

-今までの会社の歴史の中で4回受賞されているのは店長だけですよね。そこに至るまで念頭に置かれていたのはどこでしょうか。

 

岩崎 念頭に置いているのは売上1位というのはぶらしたことがなくて、それの積み重ねですよね。

 

-上手く行く時期、上手く行かない時期があると思われますが、上手く行かない時期でもぶれないところはどこに秘訣があるのでしょうか。

岩崎 上手く行かない時期というのはそこまでなくてですね、やっていることは常に一緒で継続出来なくなったときに、初めてできなくなるだけであって、同じ事を常に継続出来るよう努めています。ちょっと数字が上がらないなと思ったら、基本に立ち戻りますね。

 

-その基本とはどういうところでしょうか。

岩崎 基本に立ち戻るというのは、挨拶をしっかりするとか、営業の基本なんですけれども、お客様の名前を呼ぶとか、お客様を喜ばせるとか笑わせるとか、ハキハキ喋るとか、そういうところですね。

 

-続いての質問は将来に夢についてですが…。

岩崎 社長を超えるような人間になりたいです。一つの発言で人に影響を与えられるような、言葉に重みのあるカリスマになりたいです。

 

-今の店長のポジションからしても、近づいてきているのではないのでしょうか。

岩崎 全然足りてないですね。まだまだです。

 

-では現在の会社の雰囲気について昔と比べてどのように感じられますか。

岩崎 だいぶ社員全員が仲良くなったという傾向はありますね。私が入社した当時は誰しもライバル意識を持っていて競争しあっていました。同じ店舗間でも競い合っているイメージがありましたね。今は社員全員が協力しあっている感じがします。

-今まではお仕事についてお伺いしましたが、逆にお休みの日はどのように過ごされていますか?

 

岩崎 休みの日は趣味がドライブなのでどこかしらへ遠出しますね。

 

-どういうところ行かれますか?

 

岩崎 海が好きなので、神奈川の江の島方面や伊豆方面、千葉の九十九里に行くことが多いですね。

 

-どういう車に乗られているんですか。

 

岩崎 オープンカーですね。開放的なのが好きなので、そうなりました。

 

-では趣味のお話もお伺いしようとしたのですが、それもドライブということになりますよね。

 

岩崎 そうですね。そうなっちゃいますね(笑)

 

-それでは学生時代の思い出話を聞かせていただけますか。

 

岩崎 小学校6年ぐらいから、ずっと体操をやっていました。鉄棒や跳馬とかですね。大学まで体操をやっていたので、それが凄く今の刺激になっています。かなり根性を鍛えられたので、ちょっとしたことでもめげなくて、体操には感謝していますね。

 

-過去の経験が今でも活かされているんですね。

 

岩崎 大変な思いを学生の頃はしてきたので。

 

-それでは初恋の時期についてお聞かせ下さい。

 

岩崎 小2ぐらいです(笑)多分みんな一緒だと思います、それは。

 

-ちなみにその子との進展はありましたか?

 

岩崎 今は正直どこに住んでいるのかわからないですけれども、お互いが「好きだよね」みたいな、それぐらいで終わり。転校して終わっていましたね。

 

-では、岩崎店長から見て就活生に求める人物像をお聞かせ下さい。

 

岩崎 簡単に言うと勢いがある人がいいですね。「俺が、俺が」みたいなアグレッシブさ。凄い元気でパワフルな人間に入ってきて欲しいですね。あとはめげない人。タフな人。

 

-今の若い子を見てどう思われますか?もう少し、その辺出してきて欲しいみたいな気持ちはありますか?

 

岩崎 でも、AMBITIONに入る人は割と見込みが相当あるので、恐らく採用基準もそうなっていると思います。志の高い人間が入っているっていうのはいつも思っています。

 

-それでは最後にこのインタビューページを見ている就活生にメッセージを頂けないでしょうか。

 

岩崎 そこに身を置くことで、一番成長できるなと思ったところに入って欲しいですね。自己成長のために会社を選んで欲しいです。

OTHER INTERVIEW